数年前の寒い時期、12月末いってきた旅ブログ!

博多→つばめ→熊本→九州横断特急列車→大分→博多

今回のメインはもちろん

<九州横断特急>!!!

 

新幹線つばめはクスノキにハードメープルも金箔の壁など多様した座席!は健常の方にはいいのでは?!

つばめも個室をとりましたので

車いす情報として写真アップします

九州新幹線の博多駅から鹿児島中央駅間で運行している特別急行列車!

 

つばめ(博多→熊本)はスゴイきれいできらきらしていました。

内装のドアも真っ赤でかわいらしい作りでした。

左側手前が車いす専用座席です

座席の横に車いすがおけるようになっています

(しかし座席に移乗したあと、車いすをそのまま置いてると重しがないと

 車いすが後ろに倒れたりするので転倒防止がついてない車椅子の場合は

 荷物など車いすの座席などに置かないと危ないです。でも貴重品などの荷物は近くに置いてないと危ないので

 車いすに置くと良いと思います!!)

 

一人で利用の方にもいいのですが

座席に乗り移れない方でも車いすの横に座席がくるので

荷物などおけるし、利用しやすいかと思います

ただ車いすの後ろによりかかるものがないので

列車が発車するときはちょっと怖いかもしれません。。。

私の車いすは自分の漕ぐ手をいれて幅60センチあれば通りますが

(自分の車いすの幅はしっかり計っているとお店などに事前に電話できくときなどにも良いです)

つばめのこの通路はギリギリ通れそうでした。

(新幹線はたいてい通路は通れません)

 

新幹線つばめの個室を身体障がい者や乳児がいる家族が予約する方法!

 

 

つばめの個室です

身体障がい者や乳児がいる家族は指定席のキップで利用できます。

(事前にみどりの窓口など電話予約しておけば利用できます。ときにその列車の車掌さんに個室あいてるかきいてその場で利用もできますよ)

手動の車いすの方は余裕で入れます。

電動車いすの方はギリギリ入れるかと思いますが少し狭めの個室になっています

多分新幹線こだまなどもこの感じの個室です

私の場合は褥瘡予防のために足を椅子にあげています

だいぶ助かります!!

何より個室になっているのでレッグパック利用の方や導尿の方など

トイレにいかない方法ができる方はここで慌てなく、気兼ねなくできるのでいいかと思います。

 

JR九州つばめの個室は鍵もかける事ができて安心!

 

 

鍵をかけるシステムになっています

頚損などで腕が上がらない方は工夫して自分でかけれるようにできれば

いいかとも思いますが頼めば外から車掌さんがカギをかけてくれるとは思います。

あとコンセントもあります!!

電動車いすの人の充電には良いのでは?!

個室利用は一番は快適です

褥瘡予防などもできし、もしものとき(失禁など)着替えなどもできるし

車いすトイレにいかなくてもここでトイレもできるように自分で工夫してくれば

いろんな心配が少しでもなって気持ち的にもいきやすくなると思うので

是非!

 

JR九州続つばめ車椅子のトイレ事情!

つばめのトイレの中です

使いやすくなっています

トイレのふたは手をかざすとあくようになっていますが

頚損の方で腕があがらない方は届かないと思います

蓋をかける工夫棒などもっていれば問題ないと思いますが

通路を通ってる方にあけてもらうのもいいですよね

そのほかは問題ないかなーーって思いますが

根本の問題は手の動く私でもなかなか問題解決はできません

自分でリハビリと一緒に改善策をねることにしています

でもこうやって列車の中も車いすトイレが完備されてるので

ありがたいですよねーー

 

 

何かききたいことあったら質問コメントください

私がわかることであればお答えしまーーす!